読売旗争奪 第80回四市親善少年野球春季大会 2018.5.12~2018.7.7



優勝は西堀ファルコンズ(7/7内間木)

関根(ファルコンズ)と奥平(ストロングス)の先発で開始された試合は、決勝戦にふさわしい大熱戦となりました。
奥平の快速球を打ちあぐんでいたファルコンズは、2回裏に3四死球から2アウト満塁のチャンスをつかみ、
1番 長峯がレフトに豪快な満塁ホームランを放って、5点をとって試合を優位に進めました。
関根の好投にゼロ更新を重ねていたストロングスは、5回表にヒットと四球で3点をとり追い上げましたが、
救援した高峰が6回の1点に抑えて逃げ切り、四市35チームの頂点に立ちました。


<関根 祐樹 監督のコメント>

 昨年の5年生大会に続いて優勝できて嬉しい。 
 目標としていたウィナーズカップへの出場権を得た。 
 チームの集大成として頑張りたい。
 チーム全体の力を結集して、良い試合ができました。
 
<岡本 竜二 主将のコメント>

 乾坤一擲の勝負で勝てたことが良かった。
 ウィナーズカップを目標にしていた。 
 出れるので、絶対 優勝する。
 守備で流れをつかみ、攻撃につなげられたことが良かった。

準決勝

・第2試合(6/17堀之内)

西堀ファルコンズ  0  5  2  0  0  計7 
ファイヤーナインズ 0  0  0  1  計2 

・第1試合(6/16朝霞中央)

朝志ヶ丘ジャガース 0  1  0  2  0  2  1  計6 
朝霞ストロングス 0  3  0  0  2  1  計7 

ブロック決勝

・Aブロック(6/10和光)

朝霞ストロングス  2  0  0  0  0  0  2  計4 
あさかスリースターズ 0  0  0  0  0  計1 

・Bブロック(5/26志木)

朝志ヶ丘ジャガース 1  0  0  0  1  0  計2 
岡ファイターズ 0  1  0  0  0  計1 

・Cブロック(6/9朝霞)

西堀ファルコンズ 10  0  0  0  1  計11 
野火止スターナインズ  0 1  1  0  2  計4 

・Dブロック(6/10新座)

ファイヤーナインズ 0  0  0  3  0  1  0  計4 
若松ブル-ウィングス 0  0  1  0  0  0  計1